結婚内祝いのマナー

風呂敷

結婚式の際には結婚内祝いを贈るのが一般的です。結婚内祝いは結婚式の際にお祝いを頂いた際のお返しの意味を込めて贈るものになります。結婚式以外にも内祝いはありますが、結婚式に招待した方への内祝いとしては、引き出物が結婚内祝いになります。そのため引き出物に追加して結婚内祝いを贈る必要はないというのが一般的な認識です。ですが結婚式に参加出来なかった人から結婚祝いをもらった場合や、ご祝儀の額と引き出物のバランスが気になる場合は結婚内祝いを贈ることもあります。そうした引き出物以外で結婚内祝いを贈る際に知っておきたい、贈るタイミングやその相場をある程度把握しておきましょう。

結婚式以外で結婚祝いを頂いたり、ご祝儀の額とのバランスから結婚内祝いを贈ったりする際には適切なタイミングがあります。このタイミングとしては早すぎても遅すぎてもいけません。基本的には結婚式を挙げた時から1ヶ月以内に結婚内祝いを贈るのがベストなタイミングでしょう。1ヶ月を過ぎてしまうと相手の印象もあまり良くありません。結婚式後で忙しい場合でも、お祝いを頂いた方へのお返しはしっかりとこの期間内に行なうようにすると良いでしょう。また結婚内祝いの費用相場としては、一般的には頂いたお祝いの金額の3分の1から半額程度とされています。あまりにも安いものは失礼に当たりますし、高価過ぎる結婚内祝いも相手に余計な気を使わせることにもなるので注意しましょう。以上の基本的な知識を元に正しく結婚内祝いを贈りましょう。