内祝いの本来の意味

ギフト

「結婚」この二文字には幸せな将来をイメージすることが出来ます。結婚をする際には様々な準備するものがあります。初めて結婚式をあげる場合、その準備に追われて目が回るような忙しさを経験したことがある人も多いでしょう。結婚式で準備するものの1つといえば、内祝いです。内祝いは「内輪のお祝い」というのが本来の意味です。昔は家族の中でお祝い事やめでたいことがあった際に、親族や近しい人達への挨拶という意味で宴の席を設けていたのです。そしてその際に宴に参加出来ない人たちにはお祝いの品を贈るのが一般的でした。つまり内祝いは、めでたい祝い事があった家庭が、宴を開くことや、祝の品を贈ることを意味しているのです。

最近の内祝いは、そうした自発的な贈り物のことではなく、結婚式などの祝い事で頂いた金額に対してのお返し的な意味合いが強くなっています。そうなると、従来の内祝いのつもりで送った贈り物が、受け取った側からすると祝い事への参加や祝いの品を送らないといけないという認識のずれが発生することもあるので注意が必要です。内祝いを贈る際には認識のズレが発生しないように、贈る時期や内祝いの相場などをしっかりと把握しておくことが大切です。また内祝いは先程も記した通り結婚式のみでなく、様々なお祝いごとの際に用いられます。そのためお祝いの品を頂いたら、早すぎず遅過ぎないベストなタイミングで内祝いを贈ることを心がけましょう。正しい知識を身につけ、心からお祝いごとを祝福しましょう。